【リンク】50代転職・再就職の現実を客観的に知る

100201

思えば、50代の転職・再就職の現実を知りたくて、ネットで手当たり次第に検索をかけていたのでした。

厳しい中にも多少は明るい情報があるんじゃないかとささやかな希望を持っていたのですが、正直、どれもこれも気が滅入るような内容ばかり。

参考になりそうなものを厳選してはおりますが、リンク先へはどうぞ覚悟の上お進み下さいませ(一部、無料会員登録が必要なサイトあり)。

スポンサーリンク

50代転職・再就職の現実がわかるサイト

リンク 実録・大企業去るITエンジニア、中高年の転職:ITpro
ITProの記事。全文を読むには無料会員登録が必要。57歳で自ら転職を決意。知人のツテと就職支援会社を利用して中小企業に再就職。

リンク 「1億総活躍社会」実現のために求められる「中高年転職市場」の活性化 – 川崎隆夫 経営コンサルタント
「文系ホワイトカラー層」などに限定した場合、年齢が壁となり、一部の業種や職種を除くと、再就職は極めて困難な状況にあることは変わりません」とな。

リンク 中高年の転職に見る「サラリーマンは自己表現ができない」の悲劇|BLOGOS
NHK「目撃!日本列島「ニックネームからの再出発~サラリーマンの“人生塾”~」を見ての感想を永江一石さんが記したもの。転職体験者の経験談ではないが、参考にはなる。

リンク 50代になっても転職できる人は何が違うか|転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏|ダイヤモンド・オンライン
要会員登録。50代転職に希望が持てる内容だが、取り上げられているのは「スーパーおやじ」とされる物流のプロ。当然のことながら、誰もが当てはまるわけではない。

リンク リストラ再就職の失敗が急増 | ZUU online
エン・ジャパンのデータを元にした良記事。現状を客観的に把握することができる。

リンク 転職「35歳が限界」変わる 中高年が増加傾向  :日本経済新聞
要会員登録。
中高年の転職市場が伸びているとはしているものの、その平均年齢は40歳程度なんだとか。10歳以上の開きだ。

リンク 2016年に転職すれば、大きな価値がある
少し古い記事(2015年7月)経済の先行き不透明感に加えて「解雇の金銭解決制度」が近々導入されると、転職市場に大量の転職者があふれる可能性がある。なので早いうちに。

リンク 日本IBM「社外秘リストラマニュアル」の全貌 | 「日本型雇用」の現実と未来 | 東洋経済オンライン
相手の手の内を知っておくことで、何かの役に立つことがあるかもしれない。


【人材バンクネット】
50代中高年の心強い味方!人材紹介会社集合型の転職支援サイトなので必ず登録できます。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク