人材バンクネット⇒実際に登録してわかった本当のところ

16101704
日本最大の人材紹介会社ナビ|転職は人材バンクネット

公式サイトによれば「日本最大の会員制人材紹介会社ナビ」ということらしいのだが、あまり積極的に広告を打っていないので、転職活動をするようになって初めてこの名前を聞いたという方も多いかもしれない。

スポンサーリンク

人材バンクネットとは

株式会社アイ・キューが運営する人材紹介会社集合型サイトで、1999年7月にサービスを開始した老舗転職サイトである。

人材紹介会社集合型サイトについては以前の記事を参照下さい。

転職エージェント、転職サイト、人材紹介会社集合型サイトそれぞれの違い
普通に生活していた頃には「転職エージェント」と「転職サイト」の違いなんてじっくりと考えたことがなかった。 「チョコレート」を「...

2016年現在、人材バンクネットに参加している人材紹介会社は545社、コンサルタントは2852人にのぼる。

同じく人材紹介会社集合型サイトのミドルの転職では参加人材紹介会社は391社、ビズリーチでは会社数は表示されていないものの、参加ヘッドハンター(コンサルタント)は1500名以上となっており、いずれも人材バンクネットには及ばない。

会員登録

人材登録会社集合型サイトなので、大手転職エージェントのように登録を拒否されることはない。

ネットでは「登録がとにかく面倒」という意見をちらほら見かけるが、わが家ではビズリーチに登録した際のデータをそのまま使い回したせいか、特に面倒だった記憶はない。

似たような項目がいくつもあって、ちょこまかと入力して行くのだが、項目が多くなればなるほど「逆に今までの経歴を売り込むチャンス到来!」の意識が働いていたような記憶がうっすらとある。

スカウトメールと求人検索

人材バンクネットに登録をすませると、人材紹介会社からのスカウトメールが届くようになる。

(何度も言うようだが、夫の職種は求人自体が少ないので)あまり多くのスカウトメールを期待することはできないが、それでもぽつりぽつりと連絡は来る。

検討違いなスカウトメールが来ることもなく、今のところは気持ち良く利用することができている。

また求人情報も豊富に登録されており、毎朝ここをチェックするのがもはや日課となっている。夫の職種にベストマッチなものはなかなかないが、それでも他サイトのように0~数件などという寂しい検索結果になることはない。

人材紹介会社を検索

夫の職種に強い人材紹介会社を探す時に、ミドルの転職と並んで人材バンクネットの「人材紹介会社検索」をたびたび利用した。

参加している人材紹介会社が多いことに加え、検索結果画面も非常に見やすいため、とても便利に使用することができた。

中小の転職エージェントを探している人は、google検索などで闇雲に探すよりも、人材バンクネットの「人材紹介会社検索」を利用して、とりあえずの当たりを付けることをおすすめする。

ただし、中小のエージェントは玉石混淆。個別登録の前には、今一度その会社の信頼度の確認を。

中小転職エージェント登録で失敗しないための5つのチェック項目
それでなくたって求人の少ない50代。 ぼんやりと向こうから仕事が転がり込んで来るのを待っていたら、いつまでたっても再就職できな...

まとめ

ひと言で言うならば

超おすすめの転職支援サイトである。

ネット上には、転職エージェント・転職サイトの口コミやランキングを掲載しているサイトが数多くあるが、それらのサイトであまり話題になっていないのが不思議なくらいである。

アフィリエイト(広告収入のようなもの)目的で運営を行っているサイトでは、広告にあまりお金をかけていない人材バンクネットは、取り上げにくいのかもしれない。

広告費を多く支払ってくれる他の転職支援サイトを上位にランキングさせておけば、それだけ報酬を手にする機会が増えるのだから、あえて人材バンクネットを上位に持ってくる理由がないのだろう。

もしもそれだけの理由で、人材バンクネットの知名度があまり高くないのだとしたら、それは本当にもったいない。

大手転職エージェントに登録しておけば、求人案件がばんばん舞い込んで来るような若い世代ならいざ知らず、中高年・50代にもなったら、人材バンクネットのようないぶし銀的な(?)サイトにもぜひ登録をしておきたいところだ。


【人材バンクネット】
50代中高年の心強い味方!人材紹介会社集合型の転職支援サイトなので必ず登録できます。

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク